2016年12月10日土曜日

【フィジー】フィジーVSジャパン 今度は女子

Bula

先日のラグビー、フィジーVSジャパンはご覧になりましたか?
1人退場者を出しながらフィジーが勝利しました。ジャパンも頑張っていましたがフィジー相手にキックの多用はフィジーの土俵に乗ってしまった感があって残念でした。

さて、来週もフィジーVSジャパンが行なわれます。今度は女子です。
「女子ラグビーワールドカップ2017 アジア・オセアニア予選」として日本、フィジー、香港が総当たりで戦い、そのうち上位2チームが来年8月にアイルランドで開催される第8回女子ワールドカップに出場します。
日本が勝てば4大会ぶり4回目、フィジー、香港は初出場になります。

日本代表の中にはフィジー出身のマテイトンガ・ボギドゥラウマイナダヴェも含まれます。
母国の戦いにモチベーションを高めているようで今予選での鍵を握るプレーヤーとしてヘッドコーチから名前が挙がっていました。

フィジーとの対戦は13日(火)、TV中継はなさそうですが気持ちを香港へ届けたいと思います。


Vinaka
さとう

2016年12月9日金曜日

【ニューカレドニア】Marine Diving Webにて掲載中!!

Bonjour!!
Marine Diving Webにて「海も陸もたっぷり満喫!初めてのニューカレドニア・ヌメア」が掲載されています。日本人スタッフが常駐のダイビングセンター「アリゼ」では1日3ダイビング体制となり、午前も午後もダイビングがお楽しみいただけるようになりました。


ニューカレドニアは世界屈指のブラックマンタの生息地として有名です。これから真夏となり、気温、水温共に上昇するので、より快適なダイビングがお楽しみいただけます。


Marine Diving Webはこちらからご覧いただけます。⇒コチラ
朝から夜までたっぷりと満喫できるヌメアでの過ごし方をぜひ参考にしてみて下さい。

Merci beaucoup
WATANABE





2016年12月7日水曜日

【フィジー】植物を育てるアリ

Bula

フィジーにはまだまだ生態が解明されていない生物がたくさんいるようです。
植物の種を植えて施肥をする、いわば「ミニチュア農場主」のようなアリが発見されたそうで研究論文が先日発表されました。
詳細はコチラ

アリは、アカネ科の植物6種類の種を採集し、木の割れ目を見つけて植え付け、「苗に肥料を与えるために内部で排便し、その成長を助ける」ために成長中の苗を定期的に訪れます。
苗は、木の内部に空洞の房を形成し、大きくなるとアリのコロニーの営巣空間となり、外敵からの保護を提供する、とのこと。
記事では「アリと植物は相互依存の関係にあり、どちらか一方が欠けるともう一方は生き延びることができない」と指摘しています。
また両者の相互依存関係が築かれたのは約300万年前にさかのぼるとのことで歴史上最も多産な農業を営む現生人類が登場するはるか以前のことだそうです。

フィジーでは以前から固有の生物が多く発見されていて、弊社のお客様の中でも昆虫を探しに行ったり、固有魚を見たいとの目的でフィジーを訪れる方も少なくありません。
まだまだ情報は少ないですがまた新しい発見や生態がわかった時にはお知らせしたいと思います。

フィジーラビットフィッシュ

Brachylophus bulabula、日本名はまだないようです。

Vinaka
さとう








2016年12月6日火曜日

【ニューカレドニア】BSフジ『ワールドツアー完璧MAPニューカレドニア』 12月7日放送!!

Bonjour!!
ニューカレドニア観光局よりテレビ放送の案内が届きましたのでご紹介いたします。

◆番組名:「ワールドツアー完璧MAPニューカレドニア」
◆放送局:BSフジ
◆放送日時:12月7日(水)28時00分~28時55分(12月8日(木)早朝4時00分~4時55分)

以下番組ホームページより
----------------------------------------------------------------------------------------------
この番組はニューカレドニア観光局協力のもと人気観光地のおすすめ情報を徹底調査。
<前半>
ニューカレドニアの中心地ヌメア、ニューカレドニアの名産品や自然保護区などニューカレドニア旅行を計画中の皆様に旅の情報を厳選して、解りやすく紹介。

観る <自然がいっぱい>
・ヌメアの中心部、ココティエ広場でのんびりと!
・ニューカレドニア ラグーン水族館で海の中を観察。
・空からユネスコの世界遺産のニューカレドニア・バリアリーフを遊覧。
・リビエール・ブルー州立公園では、自然の歴史を学ぶ。

買う <ローカル&名産品>
・ヌメアの朝市でローカルな雰囲気を味わう。
・ニューカレドニアの逸品、殺菌や抗菌効果に優れたニアウリ・リキュールをご紹介。

食べる <オシャレなフレンチ!>
・アンスバタで唯一の水上レストランで名産の天使のエビを堪能。

泊まる <観光に便利!>
・アンススバタビーチのほど近く、モダンでスタイリッシュなホテル、ル・ラゴン

<後半>
南太平洋の海の宝石箱とたとえられるイルデパン、ニューカレドニアの名産品や近年注目されているリゾートなどニューカレドニア旅行を計画中の皆様に旅の情報を厳選して、解りやすく紹介。

観る <海のグラデーションが美しい>
・イルデパンいちの景勝地、ピッシンヌ・ナチュレルでシュノーケリング。
・無人島ツアーに参加して美しい海をおもいっきり満喫。
・リゾートホテルのスパ施設で心身ともにリフレッシュ。

買う <名産品を>
・ニューカレドニアの逸品、殺菌や抗菌効果に優れたニアウリ・リキュールを紹介。

食べる <食は旅の醍醐味!>
・モロ島でロブスターや魚の炭火焼などのバーベキューランチを味わう。
・イルデパン名産、エスカルゴを堪能。
・リゾートのレストランではシェフ自慢の料理を!

泊まる <注目のリゾート!>
・サンゴ礁に守られた天然のラグーン、オロ湾に沿って建てらル・メリディアン・イルデパンはゆったりと寛げるホテル。
・シェラトン・ニューカレドニア・デヴァ・リゾート&スパの充実したプライベート空間で夢のような時を過ごす。

番組では、それぞれの観光スポットをくわしくお伝えする。

----------------------------------------------------------------------------------------------
比較的早起きの私も平日の早朝4時はまだ起きられないので録画して後日見たいと思います。
年末、年始やこれからご旅行を計画中のお客様も参考になるかと思うのでぜひご覧下さい!!

Merci beaucoup
WATANABE









2016年12月3日土曜日

【タヒチ】まだ間に合う年末出発ツアー

Iaorana

先日ニューカレドニアの年末年始ツアーの状況をご案内しました。

タヒチのツアーも下記日程で若干空席、空室がでました。

・12月24日(土)~12月31日(土) 8日間
・12月26日(月)~12月31日(土) 6日間
・12月26日(月)~1月2日(月)  8日間
・12月31日(土)~1月7日(土)  8日間
・1月2日(月)~1月7日(土)   6日間

利用航空会社は成田⇔タヒチを直行運航する「エアタヒチヌイ」。
コチラ
利用ホテルはファアア国際空港からわずか約5分の海岸線沿いに建つ名門リゾート「インターコンチネンタル・リゾート・タヒチ」。
自慢のメインプールと彼方にモーレア島を望むロケーションが人気です。タヒチ本島内で一番の活気を誇る街パペーテまでもほど近くカップルからファミリーまでお楽しみいただけます。
コチラ




パペーテは、タヒチならではショップやマルシェ、雰囲気のよいローカルレストランも充実。タヒチの生活と文化を肌で感じながら、お土産探しもお楽しみいただけます。
ツアー詳細はコチラ

またモーレア島はじめ離島リゾートでもお部屋タイプにより若干空室がございます。
年末年始のご旅行をご検討されている方はぜひ候補にタヒチを加えてください。

ツアーに関するご質問、お問い合わせは
03-5643-8032
または
info@tohotravel.com
まで

ご連絡お待ちしています。

Mauruu
さとう

2016年12月2日金曜日

【バヌアツ】エファテ島1周ツアー

Halo!!
バヌアツ視察の続きを報告します。
タンナ島の後はエファテ島のポートビラに戻り、翌日はエファテ島1周ツアーに参加しました。
1つ目の観光ポイントのNAIWEビーチではカメの餌付けを見学&体験できます。
パパイヤがカメのエサになります。


次はブルーラグーンを訪問しました。
ロープにぶら下がって水にジャンプができます。ローカルガイドのジャンプはお見事でした。


ブルーラグーンの次はすぐ近くのエトンビーチで休憩&海水浴タイムです。
遠浅で潮が引いていたので、泳ぐまでは少し歩きましたが、天気もよくて爽快でした。


次はタカビレッジを訪問しました。こちらで昼食となります。
ツアーバスが到着すると歓迎のダンスが始まります。


ランチの後は天然温泉を訪問しました。水着を着て入ることができますが、かなり熱いです。
隣には泥温泉もあり、同じく水着で入ることもできます。


観光の最後はハバナ湾のビーチでシュノーケリングができます。
シュノーケリングをしない人も海沿いのレストランで休憩ができるので心地よい時間が過ごせます。


秘境のバヌアツへはエアカランを利用でニューカレドニア経由が便利です。
最短でニューカレドニア(ヌメア1泊)+バヌアツ(ポートビラ2泊)の3泊5日からご旅行が可能です。
成田出発5日間プランは2月上旬までの期間限定となりますので、この機会にぜひバヌアツを訪れてみてはいかがでしょうか?
5日間プラン(木曜出発)はこちらからご確認いただけます。⇒コチラ
8日間プラン(土曜出発)はこちらからご確認いただけます。⇒コチラ

Tangkyu tumas
WATANABE




2016年11月30日水曜日

【ニューカレドニア】まだ間に合う年末出発ツアー

Bonjour

12月を前に年末年始を南の島で過ごしたいとのお問い合わせを多くいただいています。
各方面飛行機、ホテルとも満席、満室のところが多いのですが以下日程でニューカレドニアで若干空席、空室が出ました!!

・12月28日(水)~1月2日(月) 6日間
・12月29日(木)~1月2日(月) 5日間
・12月30日(金)~1月2日(月) 4日間

利用航空会社は飛行時間約8時間40分で成田⇔ニューカレドニアを直行運航する「エアカラン」。
コチラ
利用ホテルは「ヌバタ(ル・パシフィック)」。アンスバタのビーチ沿いに位置し、ロケーションも抜群、利便性も高く人気のホテルです。広々としたデッキスペースのあるプールも滞在しているお客様に好評です。
コチラ



ニューカレドニアは時差も2時間と少なく、小さなお子様のいらっしゃるご家族にも人気の旅先です。
ツアー詳細はコチラ

年末年始のご旅行をご検討されている方はぜひ候補にニューカレドニアを加えてください。

ツアーに関するご質問、お問い合わせは
03-5643-8032
または
info@tohotravel.com
まで

ご連絡お待ちしています。

Merci
さとう